ヘッドハンティングではない転職は繰り返すと危険

転職には、二種類あり。今の自分にはこの職種は会わないから、違う職種に行きたいことと、今やっている職種でキャリアアップを目指したいために違う会社で働きたいことがりあります。どちらも良い悪いはなく、今の自分に満足してなくもっと違うことをしてみたいとか、上に行きたいという向上心があり、とてもいいことです。しかし、いくつか注意点などがあります。

もし、違う職種に転職をする場合には、特殊な資格などをもっていないと、なかなか今の職種よりも年収が上がることは難しいです。日本はまだまだ年功序列の風習があり、中途だと、過去の経験がない限り給料が高くはなりにくいです。しかし、自分の好きなことをやるということは毎日の生活にやりがいを感じるためいいことです。

次に他の会社にキャリアアップをする転職の場合は、今の会社よりも給料が高くなる可能性はあります。しかし、それは今の会社よりも確実に上に行った場合です。一番確実な方法はヘッドハンティングされた場合です。

今の実績などを評価されて、年収などが確実に上に行ける場合には、転職活動で困ったりもせず、一番いいキャリアアップに繋がります。

このように転職といってもいくつかあり、人によって条件や年収が変わってきます。